2017年国立遺伝学研究所 国際シンポジウム
DDBJ 30周年記念シンポジウム
ゲノムでわかる生命・環境・進化
平成29年5月27日(土)〜5月29日(月) 三島市民文化会館 小ホール
News & Topics
2017/03/15
ホームページを更新しました(プログラムの詳細、講演者の紹介など)
Abstract submission and Registration are opened!!
2016/11/30
演題募集・参加登録受付を開始しました
Abstract submission and Registration are opened!!
2016/11/30
公式ホームページを公開しました!!
Our official website has been opened!!
ごあいさつ
Introduction
現在、生命科学は大きく発展しています。誰でも自由に、ゲノム情報を利用できるからでしょう。家庭における電気やガスのように、ゲノム情報は生命科学のライフラインです。それを全世界に提供するのが、国立遺伝学研究所の DNA Data Bank of Japan (DDBJ)です。DDBJは、米国国立生物工学情報センター(NCBI)のGenBank、欧州バイオインフォマティクス研究所(EBI)のENAとともに、国際塩基配列データベース(INSD) を運営し、このたび30周年を迎えます。

今から30年前といえばインターネットが普及しておらず、国際郵便も1週間かかりました。その時代にINSDを立ち上げた先人たちの夢がいま現実となっています。本シンポジウムは、最新の生命科学のみならず、DDBJの歴史にも光をあてています。これを機に、多くの人に科学に興味を持って頂ければと思います。

2017年度国立遺伝学研究所 国際シンポジウム 実行委員長
有田 正規
中村 保一

Recent developments of life sciences owe much to the open, free availability of genomic information. The genome information is the lifeline of life sciences, as are electricity and gas for households. DNA Data Bank of Japan (DDBJ) at the National Institute of Genetics has been the worldwide provider of the lifeline. Together with GenBank at the National Institute of Biotechnology Information (NCBI) and ENA at the European Bioinformatics Institute (EBI), DDBJ has been managing the International Nucleotide Sequence Database (INSD) that celebrates its 30th anniversary.

Thirty years ago, few of us could enjoy the internet, and the delivery of international mail required a week. What the founders of INSD dreamed of 30 years ago has become reality. Now we organize a symposium focusing not only on cutting-edge science but also on the history of DDBJ. I hope this symposium serves as a primer to invite you into the world of science.

Chairman, NIG International symposium 2017 Steering Committee
Masanori Arita
Yasukazu Nakamura

ページの先頭へ戻る