銀杏

2012.11.30.Last updated:


各地でイチョウが色づく季節を迎えています。
遺伝学研究所の正面玄関横にもイチョウの木があり、黄色くなり始めています。そして、大きな銀杏が沢山実っています。
イチョウは、生きた化石と言われる古代植物のひとつで、生命力が大変強い木で、その実の銀杏も非常に栄養価が高いのです。
銀杏の効能は、滋養強壮、強精効果のほか利尿作用や喘息などにも効果があると言われています。
しかし、食べ過ぎるとメチルビリドキシンと言う成分が原因で中毒症状をおこし、吐き気や痙攣が起こる場合もあるので注意が必要です。一日に、子供は5粒、大人は10粒くらいが良いそうです。
適度な量で秋の味覚銀杏でスタミナをつけて、寒い冬に備えましょう。

DDBJ Web Magazine No.76 です。

ページの先頭へ戻る