DDBJ スタッフの講演発表 (2002)

| 2008 | 2007 | 2006 | 2005 | 2004 | 2003 | 2002 | 2001 |


  • Gojobori T. An approach toward unification of comparative genomics, functional genomics and bioinformatics. Japan-UK Bioinformatics Forum (Tokyo), Jan 23.
  • Sugawara H. Bioinformatics for biological resource centers. The International Conference on Bioinformatics 2002, North-South Networking (Bangkok), Feb. 7.
  • Tateno Y. CIBEX: A gene expression database at CIB/DDBJ. MGED IV (Boston), Feb. 13-17.
  • Gojobori T. Opening Remarks. The Waterfront Symposium of Human Genome Science (WASH) , National Museum of Emerging Science and Innovation (Tokyo), Mar. 2-3.
  • Tateno Y. Evolution of MHC genes in Apes. Pohan University of Science and Technology (Pohan, Korea), Mar. 22.
  • Sugawara H. Advanced Genomics - Databases and Bioinformatics. MIRCEN Directors Meeting (Washington DC), Apr. 12.
  • Sugawara H. Integration of Biological Data Sources and Tools for Analysis distributed on the Internet. ATCC Science Forum (Manassas), Apr. 12.
  • Tateno Y. Molecular Evolution of a MHC Genome Region in Apes. New Directions in Post-genome Era, Korea National Institute of Health (Seoul, Korea), Apr. 15-19
  • Miyazaki S, Gojobori T and Sugawara H. Genome Information services at DNA databank of Japan (DDBJ). Genome sequencing & Biology meeting, Cold Spring Harbor Laboratory, (New York) May 7-11.
  • Homma K, Fukuchi S, Kawabata T, Ota M and Nishikawa K. Systematic Investigation Using the GTOP Database Identifies a Significant Number of Probable Pseudogenes in the Escherichia coli Genome. The Genome Mapping and Sequencing meeting, Cold Spring Harbor Laboratory (New York), May 9.
  • Miyazaki S. Applications and Resources based on XML in DDBJ. GBIF Data Access and Database Interoperability Advisory Group workshop (San Diego), Jun. 27-28.
  • Tateno Y. Population Genetics and Evolution. Workshop: Evolution & Functional Genomics, University of Hong Kong Department of Medicine (Hong Kong, China), Jul. 18-19.
  • Gojobori T. Search for the evolutionary origin of the central nervous system by comparative functional genomics. Summer Seminar 2002 of Laboratory for DNA Data Analysis, Center for Information Biology and DNA Data Bank of Japan, the University of Hong Kong (Hong Kong, China), Jul. 19.
  • Ikeo K. Gene network evolution: EST analysis From the evolutional view point. Genomics & Structural/Evolutionary Bioinformatics (South Hadley, MA), Jul. 28-Aug. 2.
  • Nishikawa K. Protein-structure annotation database (GTOP) and its application to an analysis of the E. coli genome. Gordon Research Conference on Genomics & Structural/Evolutionary Bioinformatics, Mount Holyoke College (South Hadley, MA), Jul. 30.
  • Gojobori T. Comparative Genomics II/Orthogenomics: Discussion Leader. Gordon Research Conference, Mount Holyoke College (South Hardler, MA), Aug. 1.
  • Ikeo K. The activity of DDBJ. University of Wisconsin (Madison, Wisconsin), Aug. 2.
  • Miyazaki S, Shigemoto Y, Yamaguchi M. and Sugawara H. Toward the ubiquitous access to the biological resources. The 10th International Conference on Intelligent Systems for Molecular Biology (Edmonton, Canada), Aug. 3-7.
  • Gojobori T. Opening Remarks: H-Invitational Meeting, National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (Tokyo), Aug. 25.
  • Ikeo K. The Activity of H-invitational. HAWKII, (Cambridge, England), Sep. 2.
  • Tateno Y. DNA Data Bank of Japan as an Indispensable Public Database. 3rd International DNA Sampling Conference (Montreal, Canada), Sep. 7.
  • Ikeo K. The Activity of Gene Expression Database in DDBJ. MGED5 (Tokyo), Sep. 24-27.
  • Gojobori T. Welcome Speech. 5th Microarray gene Expression Data Society Meeting (Tokyo), Sep. 25.
  • Nishikawa K. Protein-structure annotation database (GTOP): Application to searches for pseudogenes in the E. coli genome. Second KIAS Conference on Protein Structure and Function: Structure and Mechanism in Protein Science (Seoul, Korea), Sep. 27.
  • Sugawara H. Interoperability of Biological Data Resources. 18th International Conference CODATA2002 (Montreal, Canada) Oct. 1
  • Gojobori T. Opportunities in Biotechnology. 7th International Workshop on MHC Evolution VIII Complement Genetics Workshop and Conference (Perth, Australia) Oct. 4.
  • Sugawara H. Infrastructure for the study of microbial diversity and evolution: resource centers and databases. 2002 International Meeting of the Federation of Korean Microbiological Societies Microbial Diversity and Evolution (Millennium Town, Korea), Oct. 23.
  • Gojobori T. Evolution of the Central Nervous System from the Viewpoint of Gene Expression and Construction of the Integrated Database. BITS:Beyond the Identification of Transcribed Sequences:Functional, Expression and Evolutionary Analysis 12th international Workshop (Virginia), Oct. 26.
  • Gojobori T. Asian Bioinformatics Initiative and its Possible Role of Japan and Korea. 4th Japan-Korea Science and Technology Forum (Tokyo), Nov. 18.
  • Yamaguchi M, Matsuura Y, Sugawara H and Shigemoto Y. A feasibility study about the standardization in bioinformatics (FSSB) by the Japan Biologoical Informatics Consortium (JBIC). Objects in Bio- & Chem- Informatics 2002 (Washington DC), Nov. 19.
  • Gojobori T. Origin and Evolution of the Central Nervous System. The 18th International Symposium in Conjunction with Award of the International Prize for Biology (Tokyo), Dec. 3.
  • Tateno Y. DNA Data Bank of Japan at work on functional genomics. Eastern Forum of Science and Technology: Bioinformatics Technology in Post-genome Era (Shanghai, China), Dec. 16.

日本語による発表講演

  • 舘野義男「ゲノムの大量・多次元情報の三次元可視化」スーパーサイネット推進協議会(国立情報学研究所,東京)1/9.
  • 菅原秀明「ゲノム情報学」日本臨床分子医学会記録 2/1.
  • 斎藤成也「系統解析の理論について」基生研共同利用研究会昆虫の遺伝的多様性と分子系統進化(岡崎コンファレンスセンター,岡崎)2/8.
  • 五條堀孝「ゲノムデータベースの公開と公的データバンクの役割」日本学術会議シンポジウム生命科学振興と知的所有権と諸問題(日本学術会議講堂,東京)2/27.
  • 斎藤成也「Hoxクラスターを中心とする霊長類の比較ゲノム解析」研究集会(国立遺伝学研究所ゲストハウス,三島)2/28.
  • 斎藤成也「意識の進化に関する学際的研究」総合研究大学院大学共同研究成果発表会(フロラシオン青山,東京)3/6.
  • 舘野義男「日韓バイオインフォマティクス・トレーニングコース」(国立遺伝学研究所,三島).3/18
  • 五條堀孝「集団遺伝と分子進化」第2回生物情報学適塾(財団法人国際高等研究所,京都)3/20.
  • 池尾一穂「情報適塾 情報生物学入門」(奈良)3/20.
  • 田中尚人,宮崎智,菅原秀明「微生物データ抽出・分類・同定ワークベンチInforBIO の開発」日本農芸化学会(仙台)3/25-27.
  • 斎藤成也「ヒトと類人猿の比較ゲノム解析からヒト独自性を探る」研究集会霊長類遺伝子に関する総合的研究(国立遺伝学研究所ゲストハウス,三島)3/27.
  • 舘野義男「DDBJに関する専門知識の提供及び討論」第2回情報生物学適塾(国際高等研究所,京都)3/28-29.
  • 五條堀孝「わが国におけるバイオインフォマティックスの将来戦略について」早稲田大学特別講演会(早稲田大学理工学部キャンパス,東京)4/10.
  • 五條堀孝「福岡大学地球圏科学特別講義V」集中講義(福岡大学,福岡)4/25-26.
  • 斎藤成也「糖転移酵素遺伝子群の分子進化学的解析」第1回比較グライコーム研究会(東京医科歯科大学,東京)4/27.
  • 池尾一穂「バイオインフォマテイックス」静岡県東部地区SOHO推進協議会 5月.
  • 菅原秀明「パブリック・リソースと標準化は創薬に貢献するか」Millipore Bio Forum 2002(東京)5/20.
  • 五條堀孝「遺伝子発現情報から見た神経系の進化機構-EST及びcDNAマイクロアレイを用いた比較遺伝子発現情報解析の試み」日本発生生物学大会ワークショップSD1-3(パシフィコ横浜,横浜)5/21.
  • 斎藤成也「ヒトへの進化過程における遺伝子の自然淘汰パターン」福井医科大学(松岡)5/23.
  • 斎藤成也「遺伝子は35億年の恋をする」明新会「ようこそ先輩」(福井県立藤島高校,福井)5/24.
  • 斎藤成也「自分自身を科学する」明新会総会記念講演会「交わるか,交わらざるか,科学と宗教の対話」(フェニックスプラザ,福井)5/25.
  • 宮崎智「ゲノム解析の現状と将来, 新潟医学会総会シンポジウム」ゲノム情報と感染症(新潟)6/15.
  • 平畠壮規,田中尚人, 麓雅樹,宮崎智,菅原秀明「微生物ゲノム閲覧・検索システムGIB」日本微生物資源学会(大阪)6/20-21.
  • 宮崎智,田中尚人,菅原秀明「Taxonomy支援パーソナル・ツールe-Workbench」日本微生物資源学会(大阪)6/20-21.
  • 菅原秀明,田中尚人,宮崎智「微生物国際データセンター(WDCM)の登録・更新システムの利用状況」日本微生物資源学会(大阪)6/20-21.
  • 池尾一穂「バイオインフォマティクス入門」静岡県中小企業団体中央会 7月.
  • 五條堀孝「遺伝統計学とSNP解析:集団遺伝学入門」バイオインフォマティックス入門セミナー(NTTデータ駒場研修センター,東京)7/4.
  • 五條堀 孝「マイクロアレイ解析とバイオインフォマティックス」第1回バイオEXPO専門技術セミナー(東京ビックサイ)7/10.
  • 五條堀 孝「ゲノム解析とバイオインフォマティックスの現状と産業への応用」味の素株式会社ライフサイエンス研究所講演会(味の素株式会社川崎工場内,川崎)7/11.
  • 斎藤成也「ヒトと類人猿の比較ゲノム解析からヒト独自性を探る」日本霊長類学会年会シンポジウム(東京大学農学部,東京)7/21.
  • 斎藤成也「メタ宇宙になった人間」日本進化学会東京大会2002公開講演会(中央大学理工学部,東京)8/2.
  • 五條堀孝「統合的アプローチとしての進化とシステムズバイオロジー」日本進化学会第4回東京大会WS-24システムズバイオロジーと進化(中央大学,東京)8/4.
  • 深海薫「原核生物におけるドメイン・シャッフリングの痕跡の探索」日本進化学会2002年東京大会(東京)8/1-05.
  • 五條堀孝「比較ゲノム解析による発生分化システムの多様性と進化の研究」特定C統合ゲノム4領域合同班会議領域別班会議(ポートピアホテル,神戸)8/22.
  • 斎藤成也「HoxAクラスターを中心とする霊長類の比較ゲノム解析」特定研究Cゲノム4領域合同班会議(ポートピアホテル,神戸)8/22.
  • 宮崎智「DDBJの高度化の取組み−DDBJ-XMLとSOAPの利用」第9回バイオグリッド研究会(大阪)8/24.
  • 斎藤成也「自然科学におけるデータ生成とその解釈に伴う問題」札幌学院大学人文学部公開講座「事実のゆらぎ−測定誤差から捏造まで」(札幌学院大学,江別)9/5.
  • 菅原秀明「ポストゲノム時代における理想的なIT活用戦略の提言」ゲノムテクノロジー・ビジネス・フォーラム(東京)9/18.
  • 五條堀孝「ポスト機能ゲノミクスと統合データベース」CBI学会2002年大会(東京ファッションタウンTFTホール,東京)9/20.
  • 五條堀孝「ゲノムや遺伝子発現から進化をどうみるか」日本遺伝学会第74回大会(九州大学,福岡)10/3.
  • 西川建「ゲノムからタンパク質の立体構造へ;タンパク質のユニークさ」遺伝学公開講演会(科学博物館,東京)10/12.
  • 斎藤成也「遺伝子における人間の多様性」第40回全国大学保健管理研究集会(国立オリンピック記念青少年総合センター,東京)10/16.
  • 西川建「タンパク質の立体構造予測:その研究動向とゲノム情報への応用」日本IBMライフサイエンスセミナー(天城ホームステッド,伊豆)10/26.
  • 福地佐斗志,吉宗一晃,若山守,森口充瞭,西川建「好塩菌タンパク質のタンパク質表面における特徴とゲノムによる引きずり効果」日本生物物理学会第40回年会(名古屋大学,名古屋)11/1-3
  • 五條堀孝「転換期の生物物理学-新世紀学術の方向を探る-」日本生物物理学会第40回年会(名古屋大学,名古屋)11/2.
  • 五條堀孝「生物進化からみた生命情報」ゲノム構造を基本としたゲノム関連情報の統合化(慶應大学藤沢キャンパス,神奈川)11/5.
  • 五條堀孝「統合データベースの構築とヒトゲノム多様性の解析」JBIC2002-JBICプロジェクト成果報告会(虎ノ門パストラル,東京)11/7.
  • 西川建「タンパク質の立体構造予測研究の展開とゲノム情報解析への応用」第25回情報化学討論会(ホテル日航豊橋,豊橋市)11/12.
  • 菅原秀明「XML/SOAP/WSDLで配列DBを使い易くできるか? 」シークエンス・構造データベースワークショップ(京都)11/15.
  • 五條堀孝「ウイルスの分子進化」組み換えウイルス・コアバンクの創設とその高度利用のための基盤技術に関する研究シンポジウム(つくば国際会議場,茨城)11/15.
  • 菅原秀明「古くて新しい課題:生物情報資源の相互運用性の実現」 IPABシンポジウム2002(東京)11/29.
  • 斎藤成也「類人猿とヒトのゲノムを比較する」上野動物園主催学術講演会(科学博物館,東京)11/30.
  • 五條堀孝「バイオインフォマティックスの最近動向と統合データベースの重要性」ひろしまバイオフォーラム2002(リーガロイヤルホテル広島,広島)12/15.
  • 斎藤成也「古代DNAデータベースAGEの紹介」DNA考古学研究会(国際日本文化研究センター,京都)12/5.
  • 西川建「バイオインフォマティックスと構造ゲノム科学」第25回日本分子生物学会シンポジウム(パシフィコ横浜,横浜)12/13.
  • 斎藤成也「DNAから探る人類の進化」三島市図書館講演会(三島市図書館)12/15.
  • 五條堀孝「疾患遺伝子の同定に向けたゲノムインフォマティックス」BIGG最先端講義シリーズ疾患遺伝子同定への努力とバイオインフォマティックス(東京国際フォーラム,東京)12/20.
  • 菅原秀明「研究から地域産業振興へ」国のバイオ資源とバイオIT人材育成の必要性 バイオIT沖縄会議(那覇)12/25.
  • 五條堀孝「病原性バクテリアゲノムの進化と水平遺伝子移行」第75回日本ハンセン病学会総会(静岡県三島市民文化会館,三島).

ページの先頭へ戻る