[塩基配列登録システム] “First codon [***] is not a start codon.” / “Final codon [***] is not a stop codon.” というエラーが表示されました

Last updated:2014.7.7.

これらの error message は CDS (protein coding sequence) feature のアミノ酸翻訳の結果が、5'末端 または 3'末端において適切ではなかったことを示しています。
当該 CDS が全長ではなく部分配列の場合、その feature location には部分配列であることを示すフラグが必要です。
部分配列の場合、location の記述法に示されている記載ルールに従い、5' end not complete を示す "<"、3' end not complete を示す ">" のフラグを適切に加えて入力してください。

例: CDS が 1..295 である場合の部分配列記述
location 状況
<1..295 開始コドンで始まらない、かつ、終止コドンで終わる
1.. >295 開始コドンで始まり、かつ、終止コドンで終わらない
<1.. >295 開始コドンで始まらない、かつ、終止コドンで終わらないとき
参照
[塩基配列登録システム] “Stop codon ‘*’ is found in the range.” というエラーが表示されました
codon_start qualifier による翻訳開始の位置補正
ページの先頭へ戻る