RNA-seqワークフローを使いたいのですが、どうしたらいいですか?

Last updated:2017.4.27.
RNA-seq定量化は、DDBJ Pipelineでは現在サポートを終了しております。
(DNApod_Pitagora-Galaxyは、SNP注釈用です)
Pipeline後続RNA-seq定量化の選択肢は、下記があります。
pitagora-galaxy.orgを使用。
②手元PCでR bioconductor等プログラミング
 (#ユーザの方でedgeRをpipeline後に使われてるケースがあります)
Pitagora-galaxy.orgではクラウド型テストサイトを、登録済ユーザで10GB制限で使える様です(HPより)。
データ読込は、Pipeline結果bamファイルをダウンロードしてPitagora-galaxyにアップロードして下さい。
ページの先頭へ戻る