遺伝研スーパーコンピュータのビッグデータ解析環境(DDBJ データ解析チャレンジ 2016 キックオフ講習会)

2016年7月6日に行われた「DDBJ データ解析チャレンジ 2016 キックオフ講習会」での、石川 直史 氏(国立遺伝学研究所 スパコン担当SE)による「遺伝研スーパーコンピュータのビッグデータ解析環境」についての講義です。

DDBJ は、2016年7月6日〜8月31日の期間に、ビッグデータ大学との共催で「DDBJデータ解析チャレンジ 2016」を実施しました。DDBJ保有のビッグデータである塩基配列公開データベースを用いて、チャレンジ課題の機械学習モデルの精度を競います。

2016年度 チャレンジ課題:DNA配列からのクロマチン特徴予測
課題の詳細:DDBJ / ビッグデータ大学

この講義は「ビッグデータ解析を行うための、遺伝研スーパーコンピュータの環境」について紹介しています。(時間:約26分)

2016-07-15

この動画と同じカテゴリーの動画

DDBJ データ解析チャレンジ
機械学習と予測モデルコンペティション(DDBJ データ解析チャレンジ 2016 キックオフ講習会)
機械学習コンペティションにおける予測モデリング手法の傾向(DDBJ データ解析チャレンジ 2016 キックオフ講習会)
NIGスパコン機械学習ツール ハンズオン(DDBJ データ解析チャレンジ 2016 キックオフ講習会)
データ解析チャレンジ概要(DDBJ データ解析チャレンジ 2016 キックオフ講習会)
DDBJデータ解析事例「ChIP-Atlasデータベース」の紹介(DDBJ データ解析チャレンジ 2016 キックオフ講習会)
NIG スパコン
我が国における生命科学分野のデータベース開発:現状と課題 @ NIG International symposium 2017
DDBJ と NIG SuperComputer の紹介
NIG SuperComputer の利用方法(2-1) ログインして解析を実行する-UNIX の基本コマンド超入門
NIG SuperComputer の利用方法(2-2) ログインして解析を実行する-マッピング入門
コンピュータによる生物学 - バイオインフォマティクス -
ページの先頭へ戻る