最終更新日:2016.4.4.

特許出願に含まれる配列データの提供

DDBJ センターでは、特許出願に含まれる配列データを検索・閲覧可能なサービスを提供しています。

ただし、配列データの使用により、如何なる問題が生じても、DDBJ では一切の責任を負いません。
サイトポリシー免責事項DDBJ 提供データの利用に関する免責事項をご参照ください。

 

塩基配列データ

日本国特許庁 (JPO) と 韓国特許庁 (KIPO) が収集・処理した特許出願に含まれる塩基配列データは DDBJ を経由して INSD に取り込まれて公開されています。
同様に、欧州特許庁 (EPO)、 米国特許商標庁 (USPTO) が受理し公開可能となった配列データも、それぞれ EMBL-Bank/ENA, GenBank を経由し、INSD に取り込まれております。
KIPO 由来の配列データを DDBJ 経由で、INSD から公開する仕組みは 2008 年2月より開始されました。
特許出願に含まれる塩基配列データを表すアクセッション番号プレフィックス で識別可能です。

DDBJ おいて、特許出願に含まれる塩基配列データ (注: JPO, KIPO, EPO, USPTO を参照データセットとしては区別できません) は以下のサービスから検索・閲覧が可能です。

anonymous FTP
ディレクトリ配下の名前に ddbjpat を含むファイル。
getentry
DNA データベース: DDBJ/GenBank/EMBL を選択。
ARSA
[Division] で PAT、[Molecular Type] で DNA/RNA/mRNA/rRNA を必要に応じて指定することで、DDBJ PAT divisionに検索対象を限定。
BLAST
[DDBJ ALL (DDBJ periodical release + daily updates)] を選択し、[Other divisions] の [Patent] を選択。

 

アミノ酸配列

JPO と KIPO が収集・処理した特許出願に含まれるアミノ酸配列データは DDBJ センターから公開されています。
同様に、EPO, USPTO が収集したアミノ酸配列データは、それぞれ EBI, NCBI から公開されています。

DDBJ において、特許出願に含まれるアミノ配列データは以下のサービスから検索・閲覧が可能です。

anonymous FTP
ディレクトリ配下のファイル、対象は JPO と KIPO のみ。
getentry
Protein データベース で [Patent] を選択、検索対象は JPO と KIPO のみ。
ARSA
[Division] で PAT、[Molecular Type] で PRT を指定、検索対象は JPO と KIPO のみ。
BLAST
[Data Sets] で [Patent] を選択し、JPO, KIPO, USPTO, EPO を必要に応じて選択。
ページの先頭へ戻る