MSS 利用申し込み


MSS 利用をご希望の場合には、以下のフォームからお申し込みください。追って詳細な手順をメールでご案内いたします。
送信後、5日(土、日、祭日を除く)を過ぎても DDBJ から連絡がない場合は、お手数ですが、ad_massまでご連絡ください。

     *注意
     次世代シーケンサー (NGS) から得られた reads をアセンブルしていない配列の場合は、MSS ではなく、
     DDBJ Sequence Read Archive へ登録してください。
例:
  NGS で配列決定された16S ribosomal RNA、assemble していない --> DRA
  NGS で配列決定された 16S ribosomal RNA、assemble した --> MSS
  Sanger 法で配列決定された 16S ribosomal RNA --> MSS

*は入力必須項目です。

1. 以前に MSS を利用されたことがありますか?

* はい いいえ

2. コンタクトパーソン

* 氏名(英語)    名    ミドルネーム
* E-mail address
* FAX number
* 所属 (英語)
例) DNA Data Bank of Japan, National Institute of Genetics
URL

3. 登録担当者 (コンタクトパーソン以外の方が登録手続きを行う場合, ご入力下さい)

氏名(英語)    名    ミドルネーム
E-mail address
FAX number
所属 (英語)
URL

4. 登録データの概略

* 公開予定
   登録完了後即日公開
   期日まで非公開    年   月   
     年末年始(12/29〜1/3)は指定しないでください。
     3年以内に設定していただくことお勧めします。
* 件数
* Sequencing Technology (複数選択可)
    Sanger (gel/capillary)
    Roche 454
    Illumina Solexa
    AB SOLiD
    その他
     次世代シークエンサをご利用の方は,アセンブル前の sequence reads を
        DDBJ Sequence Read Archive (DRA) へ登録することをお勧めします。
* データ種別
   下記のいずれにも該当しない
   EST full length cDNA (HTC) TSA*1
   GSS complete genome*2 draft genome*2 (WGS or HTG)
*1*2 を登録する場合は、MSS での登録に先立ち、以下の順序で手続きを行ってください。
  1) BioProject Database で、 BioProject ID を取得してください。
  2) 配列の由来(リソース)情報を BioSample Database に登録し、BioSample ID を取得して下さい。
*2 に該当する場合は、以下の手続きも併せて行ってください。
  feature annotation を伴うゲノム配列の場合は、locus tag prefix を取得しておく必要があります。
  locus_tag prefix は BioProject Database に登録する際に取得します。
  ただし、ゲノム全長相当であっても、virus、phage、organelle、あるいは、plasmid のみのような比較的小規模な配列の場合、
  BioProject ID および locus_tag prefix を取得する必要はありません。
* 生物学的概要(日本語可)
   例: Bacillus 属 16S rRNA gene の配列, 1000 bp~1500 bp
   

5. 補足情報 (日本語可)

   


ページの先頭へ戻る