最終更新日:2015.5.26.

特許・知的所有権と優先権

特許出願に含まれる塩基配列データについて

日本国特許庁 Japan Patent Office (JPO) への特許出願に含まれる塩基配列情報は、特許庁から DDBJ に月 1 or 2 回の頻度で転送され、DDBJ から公開する仕組みが確立されています。

同様に、韓国特許庁 (KIPO)、欧州特許庁 (EPO)、 米国特許商標庁 (USPTO) が受理し公開可能となった配列データも DDBJ から公開されます。

参照

そのため、当該配列が JPO/KIPO/EPO/USPTO への出願書類に記載されている場合、DDBJ に別途ご登録いただく必要はございません。

 

特許出願に関連する塩基配列の登録に関する注意

DDBJ から公開された配列は「公知」の扱いになります。
特許出願に関連する塩基配列を DDBJ に登録する場合、必要に応じて、公開予定日を指定してください。
その際はデータ公開原則にご注意ください。

DDBJ への登録が特許審査に与える影響に関しましては、直接、出願する特許庁へ ご確認ください。
DDBJ は配列データの登録・公開により生じた 所有権、優先権などに関する いかなる問題にも、一切の責任を負いません。

日本国特許庁から送られた配列データは原本のまま保持しなければならないため、後に変更・修正を加える場合、別途、DDBJ へ新規に登録する扱いになります。最終的には両者ともに公開されます。

特許出願と並行して、別途、DDBJ へ登録・公開をご希望の場合は、データ登録前に ddbj#64;ddbj.nig.ac.jp にご連絡ください。

 

データの優先権

特許権

DDBJ に塩基配列を登録しても特許権は生じません。DDBJ では特許に関する業務を行う資格はありません。
データの優先権を確保する必要がある場合は、特許申請を行って特許権を取得されることをお勧めします。

詳細は日本国特許庁ホームページをご覧ください。

その他の優先権

DDBJ に塩基配列を登録しても、以下の例を含めて 特に優先権は生じません。どうか、誤解なさらないように、お願いいたします。

ページの先頭へ戻る