DDBJ と DAD のデータ不備についてのお詫び

Last updated:2012.10.31.

EMBL-Bank に由来するデータを読み込むソフトウェアに不具合があり、一部データに不備が生じていたことが判明しました。
詳細は以下の通りです。

  • 対象: EMBL-Bank に由来する DDBJ エントリ、および、それらから生成された DAD エントリ
    prefixes; AJ, AL, AM, BX, CR, CT, CU, FM, FN, FQ, FR, HE, V, X, Y, Z
  • 期間: 2012.02.24 以降
  • 状況: REFERENCE が複数存在する場合、PubMed ID が余分に表記される
  • 影響サービス: Anonymous FTP,getentry, ARSA,BLAST,NIG supercomputer
  • 対応:
    2012.09.23 以降、新規公開分は修正済です。
    公開済分は、該当データを修正し DDBJリリース 90.1、DAD リリース 60.1 を 2012.10.19 に公開し適用しました。

ユーザの皆様にご迷惑をお掛けいたしました事を深くお詫び申し上げます。

ページの先頭へ戻る