All-in-one 合同講習会 2018/統合データベース講習会:AJACS 番町2

生命科学の学習や研究の現場では、様々なデータベースの活用が欠かせません。こうしたデータベースの使い方を広く研究者や学生の方々に知っていただくために、生命科学データベースの構築・管理・運営を担う組織が連携して、合同講習会を開催します。バイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)ライフサイエンス統合データベースセンター(DBCLS)日本蛋白質構造データバンク(PDBj)日本 DNA データバンク(DDBJ)の4機関が蓄積している情報・知識とそのアクセス法、利活用の方法を紹介します。また、今回は、NBDC で主催しているバイオインフォマティクス初心者向けの“統合データベース講習会:AJACS”の一環として開催します。パソコンを使用しない講義形式の講習会です。

概要

日  時
: 2019年1月28日(月)10:15-16:00
会  場
: 科学技術振興機構東京本部別館1階ホール
(東京都千代田区五番町7 Kʼs五番町) アクセス
定  員
: 150名
参 加 費
: 無料
参加申込
: 申込フォームからお申し込みください
申込締切
: 1月23日(水)12:00まで ※定員超過の場合は抽選
そ の 他
: 講義形式の講習です。ハンズオンはありませんので PC は不要です。
all-in-one2018 のポスター

プログラム

1月28日(月)

10:15-10:20
開会挨拶
10:20-11:20
NBDC の紹介と NBDC が提供するサービス
箕輪 真理 (科学技術振興機構 バイオサイエンスデータベースセンター)
11:20-11:30
休憩
11:30-12:30
DBCLS で提供している文献情報サービスほか
山本 泰智 (情報・システム研究機構 ライフサイエンス統合データベースセンター)
12:30-13:50
昼食休憩
13:50-14:50
タンパク質構造データバンク・PDB の使い方
鈴木 博文 (早稲田大学先進理工学部)
立体構造解析や構造インフォマティクスについての専門外の方から初学者を対象とし、PDB のデータの解説や PDBj が提供するツールの紹介をします。
14:50-15:00
休憩
15:00-16:00
ゲノム時代の生命情報・DDBJ センターが果たしてきた役割
青野 英雄 (日本DNA データバンク)
今やゲノムレベルの機能解析が日常的に行える時代になっています。その時代の中で生命情報・DDBJ センターが果たしてきた役割を紹介します。

主催

お問い合わせ