シークエンスデータをサンプルごとに分割し,サンプルごとに BioSample-Experiment-Run として登録します。バーコード配列とサンプルの対応を記載したい場合は,Experiment の Library Construction Protocol にフリーテキストで記載します。