登録アカウント

DDBJ 登録アカウントの作成

DDBJ 登録アカウント

日本 DNA データバンク (DDBJ)BioProjectBioSampleDRA への登録をユーザアカウントで管理しています。

  • 責任者の許可のもとアカウントを作成し,データを登録してください。
  • アカウントとパスワードはユーザが安全に管理してください。
  • 所有者が異なる組織に移った場合,アカウントの再取得を推奨します。
  • アカウント名は変更できません。

DDBJ には二種類の登録アカウントがあります。DDBJ Sequence Read Archive (DRA) にデータを登録するためには,アカウントに center name と公開鍵を登録する必要があります。

二種類の登録アカウント
二種類の登録アカウント

ウェブから取得した登録用アカウント

ウェブ上でアカウントを取得

この章で説明されている方法で取得したアカウントでは BioProjectBioSample に登録できます。

DRA へデータを登録するためには, center name と公開鍵をアカウントに登録する必要があります。

登録ポータル "D-way" (https://ddbj.nig.ac.jp/D-way) にアクセスします。 [Create New Account] ボタンをクリックします。

新規アカウントを作成

必要な情報を入力して [Continue] をクリックします。

アカウント情報の入力
  • 4 から 24 文字
  • 小文字,数字と "_" を含めることができます
  • "-" と大文字は使えません
  • 数字と "_" を先頭に使うことはできません

入力した内容を確認し,[Create] をクリックします。

新規アカウントを予約

入力されたアドレス宛に確認メールが送信されます。 メールに従い,予約したアカウントを有効にします。 続いて有効化したアカウントのパスワードを設定します。

アルファベットと数字を含む8 文字以上のパスワードを設定します。
パスワードを設定
アカウントから BioProject と BioSample に登録できます

DRA への登録権限を追加

DDBJ Sequence Read Archive (DRA) へデータを登録するため,アカウントに center name と公開鍵を登録します。 Center name は DRA が組織に対して割り振っている略号です。 公開鍵はユーザの認証に用いられます。

公開鍵/秘密鍵ペアの生成

Windows

"PuTTY Key Generator" をインストールし,起動します。 下のように設定し [Generate] をクリックします。

PuTTY Key Generator パラメータ設定

ウィンドウのなかでマウスポインターをランダムに動かして鍵を生成させます。生成される公開鍵と秘密鍵を保存します。鍵は WinSCP でそのまま使用できる PuTTY 形式で保存されます。

Mac OS X

Macintosh HD > アプリケーション > ユーティリティ > ターミナル.app. からターミナルを起動します。

Mac ターミナルを起動

ターミナルで以下のコマンドを実行し,鍵を生成します。

鍵ペアの生成。
$ ssh-keygen -t rsa

メッセージが表示されます。
Generating public/private rsa key pair.

鍵の保存場所を指定します。[Enter] キーを押します。
Enter file in which to save the key (/Users/you/.ssh/id_rsa):

パスフレーズを設定しない場合は [Enter] を押します。
Enter passphrase (empty for no passphrase):
Enter same passphrase again:

Your identification has been saved in /Users/you/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /Users/you/.ssh/id_rsa.pub.
"/Users/you/.ssh" フォルダに秘密鍵は "id_rsa" として,公開鍵は "id_rsa.pub" として保存されます。

公開鍵を含んでいる隠しフォルダ ".ssh" を表示します。 ファインダーの "移動" メニューから "フォルダへ移動" を選択します。

フォルダへ移動

"フォルダへ移動" ウィンドウでホーム直下の ".ssh" フォルダのパスを入力します。

.ssh フォルダまでのパスを入力

公開鍵ファイル "id_rsa.pub" が表示されます。

.ssh フォルダ中の公開鍵ファイル

その公開鍵ファイル "id_rsa.pub" をデスクトップなどにコピーし,アカウントに登録します。

Unix

鍵ペアの生成。
$ ssh-keygen -t rsa

メッセージが表示されます。
Generating public/private rsa key pair.

鍵の保存場所を指定します。[Enter] キーを押します。
Enter file in which to save the key (/Users/you/.ssh/id_rsa):

パスフレーズを設定しない場合は [Enter] を押します。
Enter passphrase (empty for no passphrase):
Enter same passphrase again:

Your identification has been saved in /Users/you/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /Users/you/.ssh/id_rsa.pub.
"/Users/you/.ssh" フォルダに秘密鍵は "id_rsa" として,公開鍵は "id_rsa.pub" として保存されます。

Center name と公開鍵の登録

登録アカウントにログインします。 "アカウント" ページの "Center Full Name" に組織名を入力し,提示される候補から適切なものを選びます。 [Update] をクリックしてアカウントを更新します。

center name を登録

適切な center が登録されていない場合,[Apply new center name] をクリックし,組織のフルネームとともに center の新規登録を DDBJ に申請します。

Center name が登録されると,下部の "Public Key" エリアから公開鍵をアップロードできるようになります。公開鍵ファイルを選択し,[Register public key] で鍵を登録します。

公開鍵を登録

登録後,左上の "DRA" メニューから DRA にデータを登録することができます。

DRA に登録することができるようになります

アカウントの更新

アカウント情報を編集し [Update] ボタンでアカウントを更新します。登録した公開鍵は新しいファイルをアップロードすることで上書きすることができます。

秘密鍵ファイルの変換

Windows PuTTY から OpenSSH 形式

"変換" メニューの "鍵のインポート" を選択し PuTTY で作成した秘密鍵を読み込みます。

鍵のインポート

"変換" メニューの "OpenSSH 形式へエクスポート" を選択し,変換された秘密鍵を保存します。 OpenSSH 形式の秘密鍵は Unix と Mac OS X で使うことができます。

OpenSSH 形式へエクスポート

OpenSSH から Windows PuTTY 形式

"変換" メニューの "鍵のインポート" を選択し,PuTTY で作成した秘密鍵を読み込みます。

鍵のインポート

[秘密鍵の保存] ボタンで PuTTY 形式に変換された秘密鍵を保存します。 PuTTY 形式の秘密鍵は Windows WinSCP で使うことができます。

変換された秘密鍵を保存