validator エラーメッセージ

ここでは DDBJ に登録される配列データをチェックするためのツールから出力されるエラーメッセージについて概説しています。
エラーメッセージごとに必要な対処方法が異なりますので、適宜、対処をお願いいたします。
問題、不明点などがございましたら、エラーメッセージを添えて ご連絡 ください。

Parser

出力フォーマット

[コード番号]:[Level]:[Type]:[File]:[エラー位置]:[メッセージ本文]

コード番号コード番号を示します。
Levelエラーのレベルを示します。
ER1通常のファイル構文に関するエラーです。修正が必要です。
ER2通常のファイル構文に関するエラーです。修正が必要です。
FAT実行環境に関するエラーです。
WAR警告です。修正が必要な場合があります。
MES他のエラーに関連する参考メッセージです。
Typeエラーの種別を示します。
STX構文
SYS実行関連
LOC配列とlocation の比較関連
Fileエラーが検出されたファイルを示します。
ANNアノテーション
SEQ配列
AxSアノテーションと配列の比較
エラー位置エラーが検出された位置を行番号、または、エントリ名で示します。
メッセージ本文エラーの個別内容を示します。

エラーメッセージ

メッセージ中で括弧( [ と ] )で括られている # で始まる語・数値は、実際のエラーメッセージでは、登録において使用されている値などに置換されます。

メッセージ中で、括弧( [ と ] )で括られている # で始まっていない語は予約語です。

Parser エラーメッセージ一覧



transChecker

フォーマット

[コード番号]:[Level]: [メッセージ本文]

コード番号コード番号を示します。
Levelエラーのレベルを示します。
ER2通常のファイル構文に関するエラーです。修正が必要です。
FAT実行環境に関するエラーです。
WAR警告です。修正が必要な場合があります。
メッセージ本文エラーの個別内容を示します。
>entry1.1 <1..>366
TC0020:WAR: [codon_start] qualifier should be selected. The value is automatically set 1. 
TC0020:WAR: [transl_table] qualifier should be selected. The value is automatically set 1. 
//
>entry2.3 4315..4997
TC0017:ER2: First codon [cct] is not a start codon.
TC0018:ER2: Final codon [cat] is not a stop codon.
TC0019:ER2: Stop codon is found in mid of CDS location.
//

エラーメッセージ

メッセージ中で括弧( [] )で括られている # で始まる語・数値は、実際のエラーメッセージでは、登録において使用されている値などに置換されます。

メッセージ中で、括弧( [] )で括られている # で始まっていない語は予約語です。

transChecker エラーメッセージ一覧



AGP Parser

フォーマット

[コード番号]:[Level]:[エラー位置]:[メッセージ本文] or [コード番号]:[Level]:[メッセージ本文]

コード番号コード番号を示します。
Levelエラーのレベルを示します。
FAT実行環境に関するエラーです。
ER1通常のファイル構文に関するエラーです。修正が必要です。
ER2通常のファイル構文に関するエラーです。修正が必要です。
WAR警告です。修正が必要な場合があります。
エラー位置エラーが検出された位置を行番号、または、object 名で示します。
メッセージ本文エラーの個別内容を示します。

エラーメッセージ

メッセージ中で括弧( [] )で括られている # で始まる語・数値は、実際のエラーメッセージでは、登録において使用されている値などに置換されます。

AGP Parser エラーメッセージ一覧